スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学院生でも申請できる研究費

大学院生で研費費を申請する強い必然性があるかわかりませんが、
アカデミアで生き残るつもりなら、1つの成果として箔がつくかもしれません。

笹川科学研究助成:
海洋関連以外の一般の分野でもかなり件数が多い(計300件以上)。
全分野で年2件しか採用しない民間の奨励金とかと比べれば、出す気になれるかも。

リバネス:
最近良く見かけるリバネスでも、件数は少ないが、なんと修士一年生向けの研究費がある。
獲得できたら目立つかも?


人気ブログランキングへ←大学の風通しを良くするためポチっと

テーマ : 研究生活(博士)
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

47連敗

Author:47連敗
海外も視野に入れてポスドクまたは助教の職を探していたピペドだったが、最近特任助教となった。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。