スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若手科学者向けの研究資金

最も想像性が発揮されるとされる30代の独立研究者に、金と責任を持たせて、研究させることが大事です。
教授が大型グラントをとって、助教はその手足というのでは、「若手研究者の意欲を削ぐことにもなりかねない」です。

日本においては、若手A・Bや最先端・次世代研究開発支援プログラムなどの
若手向けのグラントがありますが、果たして年齢制限は必要なのでしょうか?
これらの資金は、必ずしも「責任著者の立場」でなくても獲得できる条件となっていますが、
本当に大事なのは、年齢制限ではなく、独立した研究を促すことではないでしょうか?

当たり前ですが、そもそも、研究者の年齢にかかわらず、本当にいい研究に投資するべきです。
アメリカでは、アシスタント・プロフェッサーは、最初にスタートアップを元に小さな成果を示した後すぐに、
大型グラント(NIHのRO1等)獲得をシニア教授陣と競います。
(アメリカのシステムがこちらにまとまっていてわかりやすいです。)

例えば、若手向けのグラントの条項などには、「責任著者の立場」になれる
独立したポジションにつく研究者にしかファンドしないと明記すべきではないでしょうか。
現状では、若手向けグラントを受け取りながらも、教授にいびられて
研究助手・ポスドク相当になり下がってしまっている人もいるようです。
ファンドする側は、なるべく税金が有効活用されるよう努力すべきなので、
教員の独立の保障を大学組織に求めるべきではないでしょうか?

アメリカでは、例えば、ポスドクフェローシップの研究費を、PI(ラボヘッド)の旅費などに使うことが、
そもそも、事務レベルのルールとして不可能になっているそうです。
お金にルールを課すことで、研究者のキャリアパスを守るのは良いことだと思います。

そもそも日本では、着任時に大学から受け取る研究費(スタートアップ)が少ないのが、意味不明です。
スタートアップは、大学からみたらPIへの「投資」であり、PIを育てて大型グラントを獲得させることで、
研究費の一部の間接経費を大学に納めるという形で文字通り「回収」するのが理想です。


人気ブログランキングへ←大学の風通しを良くするためポチっと

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

47連敗

Author:47連敗
海外も視野に入れてポスドクまたは助教の職を探していたピペドだったが、最近特任助教となった。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。