スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでの公募情報の探し方

アメリカの大学への職探しは、公募情報が日本のJREC-INのように統一されていません。
学会や雑誌のサイトのチェックの他、自分の専門分野のメーリングリストを購読するのが必須になります。

雑誌のサイトの例:
Science Careers
Nature jobs
(Nature姉妹紙など専門誌にも求人広告はあります。)

統計学+ε: 米国留学・研究生活の記事も参考になります。

なお、大学教員向けではなくて、民間企業など一般的な職探しは次のサイトなどが有名です。
Career Builder
Monster Jobs

人気ブログランキングへ

テーマ : 研究生活(博士)
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

47連敗

Author:47連敗
海外も視野に入れてポスドクまたは助教の職を探していたピペドだったが、最近特任助教となった。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。