スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外留学できるポスドクフェローシップ

海外留学を前提としたフェローシップをまとめます。
受け入れ先のラボとコンタクトをとってあり、海外留学することを前提にしたものです。

一番メジャーで、ほとんどの研究分野で利用できるものは
・日本学術振興会海外特別研究員
です。

格式ある登竜門的なものとして
・HFSP(ヒューマンフロンティアサイエンス)
もあります。ポスドクから分野を変えること、海外留学経験がないことなどの条件があります。

ここまでは、公的な機関によるものですが、民間の奨学金もあります。

有名なものに
・ロータリー奨学金
があります。文系の人が使ってるイメージがあります。

バイオ系に限れば、海外留学を前提とした
・上原記念生命科学財団
・三共「フェローシップ」
・内藤記念海外研究留学助成金
・中島記念国際交流財団
・東洋紡
・山田科学振興財団
などがあります。

特殊な分野の奨学金も含むリストが次にあります。
http://www.kenkyuu.net/guide-1-02.html

これらの利用価値が高い理由として、次のようなものも挙げられます。
-日本人でも得られやすい(多くの海外のフェローシップに国籍制限がある)
-最初の数年間の自分の賃金を手土産として持参することで、その後、ラボのボスに認めてもらって直接雇用してもらい、海外に長く滞在するとっかかりにできる

人気ブログランキングへ

テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

47連敗

Author:47連敗
海外も視野に入れてポスドクまたは助教の職を探していたピペドだったが、最近特任助教となった。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。