スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの大学教員の給与

アメリカの大学教員の給与をまとめてみます。

アメリカのテニュアトラックの(バイオ系)Assistant Professorの給料:
(Making the Right Moves, 2nd editionより)
・Ph.D.s (n = 21)
 Average 12-month salary $92,632 ($73,000–$135,000)
 Median 12-month salary $89,333
・Physician-Scientists (n = 11) (医師免許あり)
 Average 12-month salary $127,315 ($93,000–$155,000)
 Median 12-month salary $125,500

The Scientist 2009年9月号による
アメリカのライフサイエンス専攻別平均給与:
(Post Doc / Tenure Track / Tenured) 単位は$1000
・Plant Sciences (40/45/76)
・Cell Biology / Cytology (45/58/96)
・Developmental Biology (45/81/102)
・Genetics (46/57/105)
・Microbiology (53/62/105)
・Physiology (66/76/108)
・Biochemistry (47/50/110)
・Molecular Biology (45/51/118)
・Pharmacology (46/56/130)
・Neuroscience (46/53/138)
・Virology (52/68/141)
・Immunology (63/80/144)
・Biophysics (49/56/152)
・Endocrinology (94/108/160)

この他、「統計学+ε: 米国留学・研究生活」によると
AAUP (American Association of University Professors、アメリカの大学の教員組合)
によるサーベイ
があり、大学別、年度別、肩書別、男女別、に平均が検索できます。
分野毎の給与については、それぞれの学会のウェブに載っていることがあるそうです。

人気ブログランキングへ

テーマ : 大学院留学関連
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

AAUP のウェブサイトに行けば、大学別、年度別、肩書別、男女別、に平均が載っています。分野毎のやつは、それぞれの学会のウェブに載っていることがあります。

Re: No title

情報ありがとうございます。記事の最後にWillyさんのブログの引用も追加させていただきました。
プロフィール

47連敗

Author:47連敗
海外も視野に入れてポスドクまたは助教の職を探していたピペドだったが、最近特任助教となった。

人気ブログランキングへ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。